無料体験でOK! EasyMateで遊ぼう

emmenu1.jpg
最近VaMに興味を持って無料体験をしてみた方、いかがでしたか?UIは英語だしできること多すぎるが故に難しそうで頭痛くなった方もいるんじゃないでしょうか?
作るのが好きな人はワクワクするでしょうが、大抵の人はまず何も難しいことを考えずに遊んでみるのが良いんじゃないかなと思います。
そういうわけで今回はこれからVaMを始める方や最近始めた方向けにピッタリなEasyMateを紹介します。

EasyMateとは

EasyMateはRedditユーザーgeesp0t氏によって新規のVaMユーザー向けに編集された無料のキャラ&シーン集です。RedditやDiscordでシェアされた過去の名作の中から多数収録されていて現バージョンのVaMでもエラーなく動作するようにアップデートされています。
emumenu2.jpg
特筆すべきは独自に作成されたメニュー画面で、写真のパネルから選ぶだけで目的のシーンが鑑賞できるためVaMの難解なUIをあまり触らずに使用できる点です。初心者にとても優しい!

シーンやキャラのエディットをやる予定の無い人なら、VaM本体は無料体験版でもOK。これが無料で遊べるなんて恐ろしい事です。

入手方法

現在(2020/05)EasyMate4が公開されていますが、これには1~3の内容も含まれているので4だけ入手すればOKです。
ファイルサイズは約22GBととても大きいですが、データが整理されているので収録内容を個別にダウンロードするより遥かに小さくなっています。無料MEGAだと容量制限のためにダウンロード途中で数時間の待ち時間が何度か発生すると思います。Torrentでのダウンロードが速いのでお奨めです。配布ページでマグネットリンクが貼られているのでこれを利用しましょう。
EasyMateIV 配布ページ
jaiwafa545.jpg
このEasy Mate IV Fullをダウンロードしましょう。

インストール方法

通常使用しているVaMとEasyMate専用VaMに分けてインストールすることをお奨めします。EasyMateを入れたVaMをうっかりバージョンアップしてしまうと正しく動作しなくなるのでご注意を。
VaM本体の入手とインストール方法は無料体験その1で解説しています。

EasyMate用にインストールする場合、VaM本体のバージョンをEasyMateに合わせたものにしましょう。EasyMateIVならVaM1.19.2.2にします。VaM_Updater.exeを実行し、Optionを開くと任意のバージョンを復元する機能があるのでこれを使ってインストールします。
lsjhfaie1471.jpg
この赤丸の部分で1.19.2.2を選択し、Sync / Repair Allをクリックでインストールが始まります。

VaM本体のインストールが終わったら、EasyMateをインストールします。ディレクトリ構造が一致するようにVaMフォルダにEasyMateのファイルをすべて上書きコピーしてください。
インストールするとVaMの起動時に読み込まれるデフォルトシーン[\Saves\scene\default.json]の内容がEasyMateのメインメニューに置き換えられます。

EasyMateの使い方

VRでもデスクトップでも鑑賞できます。パネル写真をポイントしてクリックするとシーンが読み込まれます。
mainmenu00.jpg
メインメニューに戻る時はここをクリック。

シーンの内容について

パネルにシーンのタイトルとタイプ、作者名が表示されています。
VaM 2020_03_03 3_12_50
タイプはBJ(フェラ)、HJ(手コキ)、Riding(騎乗位)、Missionary(正常位)、などエロサイトによくあるような分類がされていますが、他にも様々なタイプがあります。

Type:Tutorial
VaMの使用方法のチュートリアル。英語なので無理して読む必要はないですが、実際のシーンを触りながら直感的に覚えられるのは便利。

Type:Person
Looks(キャラクター)を鑑賞するシーンです。棒立ちキャラを眺めるだけと思ったら大間違い。多くの場合ポーズやライティングに凝っていて、スクリプトなどにより動きがついているものもあるので意外と見応えがあります。

Type:Dance
ダンスシーンです。PCスペックに余裕が無いと音と動きにズレが生じるので、その場合は設定からPhysicsRate(物理レート)を下げたりパフォーマンス設定を下げましょう。

Type:Story
複数の連続したシーンによって物語性のあるエロシーンが楽しめます。

Type:Environment
風景や背景を主体としたシーンです。人物が配置されていないものもあります。

手で触れたり掴んだり

kjfliaawe54.jpg
VRでプレイしていれば手で好きなものに触ることができます。初期設定だと両手の代わりに半透明な球体が表示されていますが、当たり判定付きのリアルな手に変更できます。無料版でも大丈夫。設定のやり方は無料体験その1で解説しています。

キャラクターの変更

好きなシーンのキャラクターの外見を任意のものに入れ替えることができます。EasyMateには大量のLook(外見データ)が収録されています。好みのキャラがきっと見つかりますよ。
klfjafhi125f12.jpg
Load Lookでキャラの外見を選択するブラウザが開きます。日本でお馴染みのキャラもいくつか入っています。

VAMasutra MENU解説

vamast1.jpg
VAMDeluxe氏によって提供された体位コレクションです。なんと77種類…48手どころじゃねぇ!そしてこれらすべての体位にセックスシミュレーション用の各種プラグインが設定済みなのでEnabled(有効化)をチェックするだけですぐに使えます。
VaM 2020_03_03 13_42_00
初心者には少し難しいかも知れませんが、Person(女性のほう)のPluginsメニューを開いてSexHelperのEnabledにチェックを入れるとピストン運動が始まります。声と表情はE-MotionもしくはEasyMoanのどちらか好みの方にチェックを入れると有効化できます。
憑依して楽しむもよし、第3者視点で鑑賞するもよし。

追加された独自機能も!

VaM 2020_03_03 3_30_40
パネル右下に(L)のマークが付いたシーンはFleshlight Launchなどの高機能電動ホールをサポートします。VAMLaunchプラグインを適用することで使えるそうですが筆者はFleshlight Launchを持っていないので試していません。持ってる方は試してみてください。
※プラグイン追加などの編集機能は無料版VaMでは使用できません。

以上、初心者にもオススメなEasyMateの紹介でした。

関連記事