美容師になろう!(基本編)

15756840.png

待望の新機能

今回はバージョン1.18の目玉機能、髪型エディタの事を書いていきます。
髪には以前から豊富な設定項目がありましたが、今回新たに追加されたGenerate & Styleによって大幅に自由度が増しました。
現在(v1.18.1.6)カスタム頭皮エディタは未実装ですが、すでに美容師ゲーとしてかなり遊べる内容になっております!

髪型エディタの機能についての詳細はVAMJapanさんにて世界一詳しい解説がなされていますので、ここでは作成手順やコツなどをザックリとおさらいしていきます。

基本的な作成手順

VaM 2019_12_08 6_13_03
VRモードで作業することが推奨されています。
まずはデフォルトポーズのキャラを用意し、適用中の髪を解除してハゲ状態にしておきます。Hair Creatorにチェックを入れてCustomizeを開きます。
isejfhgiae.jpg
エディット開始です。簡単な髪型を作りながら解説します。

kekeke.jpg
このイラストの髪型…といって良いのかどうか…をモデルにします。

Generate(毛の生成)

VaM 2019_12_08 6_32_051210
マスクツールで毛の生えるエリアを編集してFinishをクリック。
1575660028.png
毛の長さが足りなければSegmentsやSegments Lengthを増やします。
Generate Hairをクリックすると毛が再生成され、自動的にスタイリングに移行します。

Style(スタイリング)

lkk54.jpg
スタイリングモード中はStart Style Modeボタンが暗転し、スタイリングツールが出現します。

031346.jpg
スタイリングツールの機能はGrabキー(トリガー)を押し込む強さに従って効果を発揮します。ツールを持つためにGrabキーを使うと効果が出っぱなしになるので、Toggle Grabキーを使ってツールを持つようにします。
スタイリングできたらKeep Styleをクリックします。

1345678.jpg
Keep Styleを押すと重力に引かれてダラーンとなりますが、慌てる必要はありません。
ここで一度右下のRebuild Style Jointsを実行しておきます。続けて物理設定をしましょう。

Physics(物理設定)

5881545.jpg
右側のRigidity(剛性)の項目を調整すると先程ダラーンとなった髪がシャキッとします。ただし剛性を上げ過ぎるとスタイリングを正確に反映する反面、全然揺れない硬い髪になってしまいます。柔らかな質感とスタイルを両立すべく丁度良い設定を見つけましょう。(個人的にはここが一番難しい気がします)
重力に引かれる前提で、ちょっと高めの位置にスタイリングしておくのが良いアホ毛を作るコツです。
VaM 2019_12_07 5_26_10

見た目の詳細な設定

Lookタブで髪のカールやバラけ具合などの設定、Lightingタブで質感と色の設定をします。

名前をつけて保存

VaM 2019_12_09 0_18_53
CreatorタブでStore Nameを付けると保存できるようになります。整頓の為にフォルダ名やサムネ画像やタグも付けておきます。

VaM 2019_12_09 0_20_24
これで完成!新たなアイテムが登録されました。

これから髪型作りをやろうと思っている方は、まずはこんな簡単な髪型で練習してみることをおすすめします。コツを掴むには数をこなすのが一番ですからね。

次の記事では応用編として、まともな髪型をご紹介します。

関連記事