服のインポートに挑戦!

1571652762.jpg

意外と簡単!服インポート

VaMではDAZ Studioから服をインポートできます。

ずいぶん前にこの動画を見ていつか服のインポートもやってみようと思っていました。先日スレで無料の服のオススメを教えてもらえたので思い切って挑戦してみました。動画の中で全部説明されているので特に解説することは無いのですが経過をポイントだけ記しておきます。

必要なもの

DAZ Studio(無料)
服のデータ(無料のもある)
適当な画像編集ソフト(Sim服にしないなら不要)

DAZ本体は無料で入手できるので服のインポート目的ならお金はかかりません。各世代の基本フィギュアといくつかのサンプルアイテムが付属しています。服も入っていました。
DAZって難しそうですが服のインポートに使用するだけなら覚えることは多くはありません。

DAZの情報サイトはたくさんあると思いますが筆者はこちらのサイトで基本を覚えました。初心者向けにとても優しくDAZの魅力を伝えてくれますし、オススメ無料アイテムの紹介もありがたいです。

VaMで使える服について

現バージョンのVaMではGenesis2という基本フィギュアが使用されていて、服もそれ用の物が使用されます。DAZでは旧世代の服を新世代用に変換する機能が公式に無料でサポートされています。Genesis用の服をGenesis2用に変換して着せることができますが、Gen3以降のをGen2用に変換する機能は同梱されていません。物によってはGen3やGen8用の服も無理やり着せることができますがうまくフィットしないことが多いです。
Gen3以降の服をGen2用に変換するツールもあるようですが筆者は試していないので変換の精度は不明です。
VaMで使う服を入手するなら、Genesis用の物かGenesis2用の物を探すとスムースに作業が進むと思います。

DAZでやること

起動したらGen2のフィギュアを読み込んで、次に服を読み込みます。ちゃんとフィットしてるのを確認したらフィギュアを削除して服だけの状態にしてシーンとして保存します。フィギュアを読み込む過程は省略しても構いません。DAZで行う操作はこれだけ!
DAZ 2019_10_21 3_47_18
メニューバーのFileからSave As→Scene...でシーンとして保存します。

VaMに読み込む

VaM 2019_10_21 16_28_13
デフォルト状態のキャラを用意して、Clothing CreatorにチェックをつけてCustomizeを開きます。

VaM 2019_10_21 16_29_29
Importメニューから先ほどDAZで保存した服のシーンを読み込みます。Vertex Countがメッシュの頂点数で、服の形状の複雑さがここで判断できます。Sim服にするなら25000以下が推奨されています。

VaM 2019_10_21 16_39_18
読み込みが終わるとさっそく服が表示されました。アイテム名を入力して左下のCreate New Itemで服が保存されます。Sim不要ならこの時点で完成です!

Sim服にする

せっかくなので服の裾をヒラヒラさせてみます。
VaM 2019_10_21 16_41_19
Create Nearby Jointsにチェックを入れてGenerate Sim Dataを実行します。この処理には時間がかかりますが、待ってる間にメニューを閉じたり切り替えてもバックグラウンドで処理が続行されるのでこの間にSim Textureの編集をすると良いです。

VaM 2019_10_21 16_41_38
マテリアル設定のTexturesメニューでCreate Sim Template Textureを実行するとテンプレ画像が服データのフォルダに生成されます。
Sim Textureはヒラヒラさせたくない部分だけ赤く塗っていく感じです。赤色の濃さによってSim効果の度合いを加減することもできるようです。
simitex.jpg
この服はカチッとした造りなので襟周りと袖とウェスト周囲をガッツリ赤く塗っていますが、Tシャツのように緩い服ならあんまり塗らない方がいい感じになったりします。

VaM 2019_10_21 17_29_46
作ったSim Textureを読み込んでSim Enabledにチェックを入れたらSim服になりました。
フィギュアを動かしてみて服の揺れ具合を確認しつつSim TextureとPhysicsの調整を繰り返していい感じになるように頑張ります。

VaM 2019_10_21 17_30_59
名前を入力して質感を調整してサムネ画像を撮ったら完成!
タグ付けもしておくと便利。

扱いの難しい物も…

heir1021.jpg
髪アイテムをインポートしてカツラのようにして使うこともできます。アルファチャンネルの透け具合が変に見えます。

VaM 2019_10_
Render Queueを変更してアルファ値を調整したらぱっと見は改善することもあります。

VaM 2019_10_21 17_56_43
ハイヒールのように踵の高さが変わる靴も現状非対応みたいです。改良を待ちましょう。

リンク

DAZ 3D DAZ公式サイト。ここでDAZをDLしよう。
Wilmap's Digital Creations ビンテージっぽい服が大量にあります。
Renderosity Freestuffの3D Figure Essentialsで無料アイテムが大量に出てきます。

関連記事